ほりいのブログ.com

目標ができても周りの人に言わない方がいいんじゃないかということについて

目標は人に言う?言わない?

みなさんこんにちはほりいです。

突然ですが、誰しも目標ってありますよね。

「夏までに5キロ痩せる!」みたいな割と小さめの目標から、「東大に絶対合格する」さらには「年収1億稼ぐ」みたいな大きな目標まで、人生のタイミングや人によって、その大きさはまちまちですが、全く目標がないって人はあんまりいないんじゃないでしょうか。

 

目標を持った時、誰しもが直面する問題があります。

それは、

  1. 目標を周りの人に言う
  2. 誰にも言わずに心の中にとどめておく

のどちらを選ぶのかということです。

 

これって結構人によって分かれると思うんですが、

個人的に、周りの人に言わない方が、より良い選択だと考えています。

そう考える理由を3つあげたいと思います。

 

目標を周りの人に言わない方がいい理由

人が何かしら目標を宣言したとき、その目標が高ければ高いほど、そして現状のレベルと目標のレベルが離れていればいるほど「お前にはできないよ」というようなことを言うやつがまず間違いなく出てきます。

直接言う人はいなくても、「お前には無理だよ」って思われてるのって雰囲気でめちゃめちゃ伝わってくるんですよね。

人って不思議なもんで無理って言われたり、思われたりするとほんとに無理な気がしてきて、ほんとは出来ることも出来なくなっちゃうんですね。

これが目標を人に言わない方がいいと思う一つ目の理由です。

 

「お前には無理だよ」って言われても、くやしさをバネにして頑張れる、たくましい人もいます。

そういうタイプの人は目標を宣言することで、目標達成できる確率は高くなると思います。

「じゃあいいじゃねぇか!」という声がどこからともなく聞こえてきましたが、個人的にはそういう人も、あんまり宣言しない方がいいと思うんですね。

なんでかっていうと、目標が「周りの人を見返すこと」にすり替わってしまう可能性があるからです。

最初は純粋に目標を達成したかったはずなのに、バカにされたせいで、いつの間にか、「バカにしてきたやつらを見返すこと」に目標が変わってしまうことってありますよね。

それはそれで達成感はあると思いますが、本末転倒なところもありますよね。

これが二つ目の理由です。

 

最後、三つ目の理由は、目標としていたものが実はそんなにしたいことじゃなかったと気づいたとき、引っ込みがつきにくいということです。

意気込んで目標を立てたものの、「あ、やっぱこれ全然やりたくねぇな…」ってなった経験ないですか?

僕はめちゃめちゃあります(笑)

そういう時、周りの人に言っちゃってると、やりたくないからやめてるのに、逃げたと思われちゃうんですよね。

そう思われるのが嫌だから義務感で頑張ってしまうみたいなことにもなりかねません。

やりたくないことをやるっていうのはしんどいのでこれは結構避けたいですよね。

 

目標を誰にも言わないメリット

メリットは、さっき説明した、周りの人に言うデメリットを避けられることです。

けれども、周りの人に言わないと、強制力がないから、すぐ諦めてしまうことにつながってしまうんじゃないか?とも考えられます。

たしかに、すぐ諦めることにつながってしまうと思います(笑)

でも僕は、それはそれでいいんじゃないかな~と考えています。

なぜかというと、すぐ諦めてしまうような目標は本当にやりたい事ではないと思うからです。

本当にやりたいことは、強制されなくても、自然とやり続けることができるはずです。

というよりも、強制されずともやりたいからこそ、それがやりたいことであり、目標になるんじゃないでしょうか。

 

以上、今日も最後まで読んでいただきありがとうございました~